カッパ池(笑)、小遠征

ブログでお知り合いになった、☆男さん(ほしおとこさん)が可搬式としては最大級の赤道儀をシェイクダウンされるということで、カッパ池(☆男さん命名)まで見学に行ってきました。

既に赤道儀部分の組み立てはほぼ終わっていますが、イギリス式赤道儀です。
赤緯側の取り付け位置が高目なので、カウンターウェイトが一杯!
画像

南側はSkyMaxで、北側には60kgもあるピラーがそびえ立ちます!!!
(上から取ったので小さく見えますが、大きいですよ~)

画像

鏡筒も乗りました。GINJI-300だそうです!

画像

これが可搬式とは...、おみそれしました。



さて自分の方は、2枚目のあたりまで力仕事のお手伝いをしてから展開を始めました。
本日はテストメインで色々と試していました。

画像

この冬はテーブルを少し大きくして、足元にガスストーブ(これは以前から利用)を入れて布をかぶせて、炬燵状態にしています。椅子にも薄い毛布を掛けて足元の隙間を防ぎ、なかなかいい感じです。
火事には注意で風邪で布が暴れないように洗濯バサミなので留めたり配慮が必要ですが、外気温-5℃位なら野外で仮眠してもOKな位です。(実際してます)


まずはCelestronのStarSence AutoAlignのキャリブレーションと、GOTOのテスト。
たまーに言うことを聞かないことがあるのでいろんなパターンをテストしてましたが、終了時点で日付が変わる位に。(汗)

引き続きGPS同期やジョイスティックによるコントロールプログラムのデバッグをしながらテストを実施。
(ほぼ期待どおりでしたが、レスポンスがいまいちなのと、放置しているとエラー終了するので対処が必要)



あとはOAG-9のテストを行ないました。
ワーキングディスタンスが、3.8mm程度伸びるのでそのチェックでしたが...
まずはM51。ピントはしっかり合わせているので芯はあるのですが...
画像


M101も同様ですが、なかなか点像とはいかないようです。
画像

周辺がもっと膨らむと思っていましたが、全体的に星像が膨らんでますね。
像面テレセントリックなんでしょうね。やはり何らかの対処を行わないと、OAG-9を使うのは厳しいかも。.(がっくし)
--------------------------
鏡筒: SkyWatcher CFP200/F800 + SkyWatcher ComaCorrector F4
カメラ: PENTAX K-5 (Normal)
赤道儀: Celestron AdvancedVX
ガイド: C5FP + QHY 5III-290M + PHD2

ISO1600、180sec x20枚
DeepSkyStackerでスタック、ダーク/フラット補正



合間合間に☆男さんといろんな話を出来ましたが、業界の話などいろいろ興味深い話が出来て楽しかったです。
またご一緒しましょう!





少し追記
Gotoに使ったのはこの宙域?
反転ずれなどで周りはトリミングしてあります。
画像

何処かわかりませんよね?

因みにAladdinのSDS画像
画像


解像度がいまいちなので、同じくSDSS
画像


自前の拡大
画像

ううー、ターゲットが写ってない...。


画像

笑う猫を探せ! (SDSS画像がお勧めです/Habbleの画像っす)

当夜は透明度がいまいちで、シーイングもそこそこだったので、最微の写りが悪いようです。
星像のふくらみも、もう少し評価してみる必要がありそうです。(続く?)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

りょーじん
2018年02月19日 10:16
以前朝霧高原でご一緒させていただいたりょーじんです。ご無沙汰いたしております。
作品拝見しましたが、もし私が撮影者なら十分OKなレベルだと思うのですが、minerさんの合格ラインは厳しいのでしょうね。
まだまだ寒い日が続いておりますが、星空はもう春真っ盛りなのですね。また撮りに行きたいです。
kame
2018年02月19日 20:44
星像肥大、言われなければ気付きませんでしたが、言われてみるとなるほどです。
せっかく復活されたオフアキも捨てがたく、悩ましい問題ですね。(^^;

COSMOさん辺りに、コマコレの3.8mmカット加工+オフアキ不使用時の3.8mm延長リングの作成を依頼してみるとかどうでしょうか?
2018年02月19日 22:13
りょーじんさん、
ご無沙汰しております。
反射のコマコレクターは、ワーキングディスタンス(もしくはフランジバック)にデリケートなようでして。
正規位置とくらべると、やはり違いがあるので気にはなりますね。
そこまでしてオフアキシスガイドを使いたいかにつきます。

やっと銀河の季節になってきました!
銀河大好きなもので。こんかいは比較対象のあるメジャーな天体にしましたが、もっとマイナーなものも頑張ってみたいです。
2018年02月19日 22:19
kameさん、
オフアキにこだわるものではないのですが...

光路長が長いので短縮しないといけないのですが、デジタル一眼なのでフランジバックが長めですからねえ。
伸ばすのは簡単ですが、縮めるのは大変です!
まあもったいないのでもう少し考えてみます。
☆男(hoshiotoko)
2018年02月20日 12:41
今日は。
カッパ池では重量物を持って頂き有難うございました!
思えばPoleNavigatorもSkyWatcher Comacorrector F4も
minerさんが居たから実現している訳で、とても感謝して
おります。天文復帰数年でやられていることは最先端。
凄い人が居るもんだ。
お話しの内容や、用語ひとつで力量って判っちゃうん
ですよね(^^♪
またイロイロをお世話になると思います。
2018年02月22日 01:20
☆男さん、お疲れ様でした。
しかし色々と情報は大事ですね~。
ブログとか見極めが大変ですが...。

最先端は言い過ぎですが、手持ちと最低限のコストで最大の胃効果を! と目指してます。

またご一緒しましょう!

この記事へのトラックバック