ネットよ今夜もありがとう

月刊星ナビの一コーナですが、星友ののりきゅうさんよりリレーが回ってきました。 天文関係で雑誌に乗るのは初めてのことかも。 発売日より早い12/3に届きましたが、一応12/5まで待って投稿です。 お次の方が掲載されるのも楽しみです。
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

入間基地 航空祭

天文とは全く関係ないですが、写真を撮る機材は何となく似ている航空機。 でも動く速度は全然違いますけどね~。 ということで行ってきました航空自衛隊入間基地の航空祭。 航空祭といえば展示飛行、当然(?)写真です! 入間基地はC-1(輸送機)のベース基地なので、編隊で飛んでしまいます。(結構迫力あります!) 今年は入間基…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

昼間の天文活動

月が細いはずの今週末でしたが、あいにく天気が悪く出撃は無しでした。 ただこれは予想がついていたので、昼間に予定をいくつか入れていました。 本日AM kola29さん用に作成中のフォーカサーですが、取付け先のBKP200を持ってきてくれました。 BKPは1週間くらいでステーを作成し、プーリー軸間を測定しベルトを発注予定です。 …
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

電動フォーカサー製作中とスパイダーマスク

星友のkola29さんから依頼を受けて、電動フォーカサーを製作中です。 ターゲットはうちの主砲(CFP200)と姉妹機のBKP200です。 フォーカサー自体はBKPとCFPでは少し違いますが(CFPは多分BKP200LPFと同じ)、取付けのディメンジョン等は同一なので実物がなくてもある程度製作は出来ます。 ということで、事前に…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

無駄にオーバスペック

うちのメイン赤道儀 Celestron AdvancedVX、コストパフォーマンスを考えると特に大きな不満はありません。 が、ちょ~っとした不満はポチポチとあります。 その一つが、軸のクランプです。 以前にも手も入れて、強固にロックするようにはしているのですが、クランプレバーが短いので結構力を入れる必要がありました。 苦しい…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

2018.09.16 天城高原遠征 (追記有り)

9/16,17で伊豆は天城高原まで行ってきました。 なんと半年ぶりの出撃です。 この夏の天候不順のせいか、下段の駐車場はほぼぎっしりいっぱい。上段もそこそこいらしていたようです。 現地には20:00頃に到着でしたが、機材の展開が終わって晴れ間はたまに出るものの、なかなか雲が取れずに日が変わる直前まで待たされました。 そして雲…
トラックバック:0
コメント:16

続きを読むread more

GINJI150、その後

前回のブログからすでに一か月たってますね。 色々と忙しいですが、ちまちまとGINJI改造は続いています。 フォカサーは基本部分の改修は前回報告の通りで、重量級機材対応のベアリングを追加してみました。 写真の通り、アルミブロック削り出し部品でベアリングを保持してドローチューブに当てています。 これを3点追加してこの部分は完成。…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

GINJI150のフォーカサー その2

前回に引き続き、GINIJI150のフォーカサーに手を入れます。 まずはドローチューブの隙間 ドローチューブの全周にわたって0.8mm位の隙間があります。 迷光防止のためにスカートを作ってみました。 0.2mm厚のゴムシートをドーナッツ状に切り取り、両面テープで貼りこむだけです。 とはいえ何回も作り直し~。 …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

GINJI150のフォーカサー

本題の方は放置になってますが.... DragonDemandさんからGINJI150の接眼部をどうにかしてくれ~と、お願いされたので少し見てみました。 と言いつつ、丸ごと預かったので、機になるところは全部やってね? ということなのでしょう。 フォーカサーをばらして色々と試してみると、この銀色のパーツの使い方に問題がある模様。…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

基礎体力測定結果

ここの所忙しくて、帰宅後の趣味の時間をなかなか取れないのですが、 何とかSR(Shake Reduction)ユニットの基礎体力の測定を終了。 PENTAXのDLSRのSR(Shake Reduction)機構、 純正の制御を解析すればいいのでしょうが、それも面白くないかなと自前で使いこなすべく VCM(ボイスコイルモー…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

基礎体力測定中

他の案件が片づけいてきたので、いい加減取り組まなきゃ! と初めて見ました。 ものはPENTAXのDSLRに内蔵のSR(ShakeReduction)機構とCMOS一式です。 こいつを外部から制御しようと考えているので、可動部の質量測定。 VCM(VoiceCoilMotor)の推力、こいつは永久磁石とコイルの位置関係がずれ…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

第一回 姫路ミーティング

さる5月1日、偉大なるノッポとプリンの、のりきゅうさんと第一回姫路ミーティングを執り行いました。 って、何のミーティングって話ですが、主に天文関係の工作について? という内容でしたが、自分の実家が姫路でして法事で帰省していたので、先日のりきゅうさんが配布されていたOnStep基板の受け渡しを兼ねての夕食会でした。 話題は多岐…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

アレイド・ホールセンサ2

取り敢えず、実機の取り付けて計測してみました。 ウーン、フォーカサー廻りがごちゃごちゃ。 ドローチューブの上についているのが、今回製作したセンサ+表示部です。 計測はマイクロメータ(ミツトヨ 1124SB、 目量0.005mm、測定範囲3.5mm)を併用し、移動はmyFocuserPro2で行いつつ移動量とカウント…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

アレイド・ホールセンサ (非接触リニア位置センサ)

先日のセンサですが、ノイズテスト中に5V電源ラインに間違って12V設定の安定化電源をつないでしまい、臭い匂いが発生してしまいました。(ホールセンサ焼損) 幸い比較的高価な16bit-ADCは壊れませんでした。(ほっ) 勿論勢いで作り直しましたが、そのままでは面白くない!? ということでホールセンサを4個並べてアレイ構成にしてみ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

非接触リニア位置センサ

別件でホール素子の調査を進めていて、その中で電源回路アンプが内蔵されたホールIC(リニア出力タイプ)が目につきました。そして、どんなものかいなと少し試してみることに。 入手したのはいつもの秋月電子扱いの、A1324LUA-Tという部品です。 このiC.試し始めてから気付きましたが感度が5.0mV/Gとかなり高めです。出力は0G(…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

T2ヘリコイド改善

水道用先日、OAG用のヘリコイドがガタガタで~ という記事を書いたら、kameさんからヘリコイドにシールテープを巻いてみたらとアドバイスを頂けました。 ということで早速改造!? まずは分解 右巻き/左巻きの2つのヘリコイドを、同軸に配して逆回転させて直進ヘリコイドを構成してます。 ただ機構的にがたが多いようでして。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

3/24-25 朝霧アリーナ

銀河の季節! 新月の先週末は天候不順でしたが、今度こそと朝霧アリーナまで行ってきました。 行きは一般道でゆっくり行きましたが、秋分の日に降った雪が路肩にはたっぷり! 昼間は暖かいので溶けだして路面がぬれているところが多数。 翌朝は凍るとヤバいな~、帰りはルートを考えなきゃねと現地には20時頃に到着。 当夜は、たじさんとTさ…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

StellaScan 2x40のその後

プレゼントでもらったStellaScan 2x40ですが、イマイチ本格稼働していませんでした。 というのは単体の視度調整範囲では自分の近視は補えず、かといってメガネをかけると瞳位置が離れるので視野が狭くなり、この双眼鏡のだいご味が... という感じでして。 しかも視度調整をマイナスディオプタ側一杯に振ると視野中央でピントを合わせ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

カッパ池(笑)、小遠征

ブログでお知り合いになった、☆男さん(ほしおとこさん)が可搬式としては最大級の赤道儀をシェイクダウンされるということで、カッパ池(☆男さん命名)まで見学に行ってきました。 既に赤道儀部分の組み立てはほぼ終わっていますが、イギリス式赤道儀です。 赤緯側の取り付け位置が高目なので、カウンターウェイトが一杯! 南側はSkyMax…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

最近のこと

新年あけての新月期は、予定が合わなかったり天候に左右されて出撃できずで書くことが... というわけでもないのでネタをいくつか。 まずは軽いところで、フォーカサーの手直し 変わり映えしませんが、クレイフォード軸側のプーリーを大径化しました。 元々は手持ちのプーリーを使っていたのでガードが無かったり、最小移動距離が大き目だっ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more