テーマ:調整

PintAideを使えるようにする!

ピント状態の数値化ソフトの、ぴんたんさん作成のPintAideを結構皆さんが使っておられるようですが、 なぜか自分の環境ではうまく動作しないため導入していませんでした。 ピント合わせはバーティノフマスク(割れて引退)、キャリーマスクで行っていて、 おおむね問題ないのですが、シンチレーションがよくないときなどピントの山がわかりに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

その19の結果

工作の結果を見る時間がなかなか取れませんでしたが、寒い中少しだけやる気を出して確認してみました。 まず焦点外像 悪くはないですが、ゴミが...、スパイダーの縦線がセンターからずれるのは、斜鏡のオフセット分ですね? あと右上の方の円がつぶれているのが気になる~。 シンチレーションがメタメタなのでライブビューでは…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

特訓 ピント合わせ(笑)

CFP200/800(D=200mm/f=800mm)のピント合わせにはBahtinov Mask(バーティノフマスク)を使っていましたが、のりきゅうさんの研究結果(!)から、これはピント合わせをもっと頑張らねばと考えさせられました。 そこでAVXを修理に出しに行った際に、CareyMask(趣味人では高精度バーティノフマスク)を入手…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

オートガイド・セッティング

先週の土曜日は見事に撃沈しましたが、今週は結構晴れていて悔しい日々が続いていました。 ところが仕事が忙しくなってきたので、週末土曜にやっとニワトリです。 今回のお題はオートガイドです。 オートガイドの機材はf=240mm(D=60mm、F4)のガイド鏡に、QHY5L-IIM+PHD2という、ほぼ定番の組み合わせですが、そこそこ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

続々加工中 その3

三脚には赤道儀本体固定とトレー固定用のネジが中央にあるんですが、これが移動中に動いてガチャガチャと煩いので対策をしてみました。 この軸に厚手の固めスポンジをツマミより大きく切って通しただけですが、三脚を閉めたときにセンタリングされて音も出なくなり、いい感じです。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

赤緯ギアのバックラッシュ調整

Celestron AdvancedVX、新品なので調整不要と思っていましたが、ほぼ初めてのオートガイドを試みるものの赤緯側が暴れて手が付けられませんでした。 悩んでいましたが、どうも赤緯側ギアのバックラッシュが大きすぎる模様。 ということで早速なりますが、分解調整するはめに...。 赤経側はしっかり詰められていて問題あり…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more