電動フォーカサー製作中とスパイダーマスク

星友のkola29さんから依頼を受けて、電動フォーカサーを製作中です。
ターゲットはうちの主砲(CFP200)と姉妹機のBKP200です。
フォーカサー自体はBKPとCFPでは少し違いますが(CFPは多分BKP200LPFと同じ)、取付けのディメンジョン等は同一なので実物がなくてもある程度製作は出来ます。

ということで、事前に製作できる部分は大体完了
画像

有機ELの付いた本体BOXにArduino Nano(マイコン)とステッピングモータドライバ等を詰め込んでいます。
また右端の二つの出っ張りはIN/OUTスイッチです・
ステッピングモータは、1:27の減速機付きでモータ用のステーも製作済み。
中央下は温度センサ、左下はモーター延長用ケーブル(リモートの手動操作用)
右上のコマみたいなのは、クレイフォード軸に取り付けるクラッチ付きのプーリーです。
(因みに左上の電池ボックスは含みません)


クラッチはこんな感じで構成されています。
画像


組み立てるとこんな感じ
画像

ネジを切ったノブでプーリーを軸に押し付けて駆動力を伝えます。
ノブを緩めるとプーリーがフリーになる仕組みです。
また軸と一体のノブ部は、クラッチの緩め/締めの時の押さえになります。

あとは実機のBKPをお借りして、フォーカサー部のネジに合わせたステーを作成し、軸間距離を測定後にベルトを発注して組みつけるだけです。



話は変わって先日、kola29さんのデータを基に、さすらいさんにレーザーカットでスパイダーマスクを作成してもらいました。
画像

ありがとうございます!

趣味の世界で皆さんの特性を生かしたGive&Take!
素晴らしいことと思います!!!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

やまぎり
2018年10月09日 19:13
いつもながら、流石のクォリティですね!
ちなみにフォーカサー部でどの位の重さでしょうか?
目的は同じとは言え、私のへなちょこ電動フォーカサーをなんとかしたいと言う気分になってきました^_^;
スパイダーマスクはさすらいさんのに乗っかろうと思ったのですが、躊躇してしまいました。乗っかっておけば良かったかなぁ。。

久しくご一緒していないので、次回はご一緒しましょう!
2018年10月09日 20:12
やまぎりさん、
流石に頼まれたものは全力投球(?)で!
因みに本体の重量はコネクタ部までで116gでした。
コネクタだけで20g程あるので、実質100gでしょうか。

スパイダーマスクはトライバーティノフ切ったりする人がいると思ので、頼んでおけば...

冬場は富士山周辺が多くなると思うので、またお会いしましょう!
kame
2018年10月09日 22:29
う~ん。
クラッチで手動に切り替えができるだけでなく、温度センサーやインジケーターまで備わった、市販品を遥かに凌駕する素晴らしいフォカサー。。。

やっぱり何度見てもウットリものですね。(^^
2018年10月09日 22:37
kameさん、
多分自分のより、出来がいいです。(汗)
とはいえほとんどはPCからリモート操作すると思うので、表示機やスイッチ類はいらないくらいなんですけどね。

因みにカーボン鏡筒の膨張係数が非常に小さいので、温度センサーは必須ではありませんでした。
(鏡筒に貼り付けておくと、温度によるピント移動も補正できるんですよ)

でもまだ原価計算してない(贅沢に作る許可をもらった)ので、費用を出すのが少し怖いです。(大汗)
けむけむ
2018年10月15日 20:48
レーザーカット!!
いいですねぇ
私は脂汗と涙を流しながらコンパスカッターとカッターナイフを使って作成しました...
2018年10月15日 22:06
けむけむさん、
BKP用は、kola29隊長が作成されていますので、量産可能ですよ!
とはいえ脂の成果と、大して変わらないと思いますヨ。
見てるだけで出来るのはすごいですが。
取り出す時に抜きパーツが残るのが何とも不思議な感じでした。

この記事へのトラックバック