GINJI150のフォーカサー

本題の方は放置になってますが....
DragonDemandさんからGINJI150の接眼部をどうにかしてくれ~と、お願いされたので少し見てみました。
と言いつつ、丸ごと預かったので、機になるところは全部やってね? ということなのでしょう。

フォーカサーをばらして色々と試してみると、この銀色のパーツの使い方に問題がある模様。
画像


画像

画像



クレイフォードの軸をドローチューブに押さえつけるためのパーツで、樹脂部品を介して軸に押し付けるのですがその部分の厚みが薄い!
ドローチューブを伸ばした状態で円周方向に力を加えると、撓むらしくてドローチューブが動いてしまいます。
DSLRの重量でもきつそうです。あとドロチューブのロックネジを締めこむと、クレイフォード軸がフリーになってしまうし... 構造自体はシンプルなのに、微妙に詰めが甘い感じです。



押し付けのテンションをネジで行うのですが、構造的に厚みの薄い部分の先を押すので撓んじゃいますよね!?
マイクロフォーカサーの固定ネジ位置でクレイフォード軸を押すといい感じになります。
ついでにクランプの移設してしまえ~!
画像



改造前
画像


改造後
画像

画像


2インチ差し込みの固定部も、90度2本から4本にしておきました。
これで2kg位までの機材なら何とかなりそうです。

でも3kg載せるらしいんですよね~。
モーメントも大きそうだし、追加ベアリング加工をしないと駄目かもしれませんね。
材料等で3000円くらいかかりそうですが、やっちゃいます?



あとは斜鏡のスパイダー作り直しを承っております。
こちらは過去に自分でやったのと同じ方法で対処しようかなと思ってます。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

kame
2018年06月11日 19:45
GINJI-150FNかBKP130、マイクロフォーカサーが羨ましく、私も以前から定期的に欲しくなるんですが、入手しても用途があまり想定できず、いつも見送りとなっております。
しかしGINJIの接眼部って、意外と問題児だったんですね。(@_@)

それにしても、しっかり問題箇所を割り出して、いつもながら的確で鮮やかな対処、さすがですね。(^^
2018年06月11日 23:50
kameさん、
マイクロフォーカサーより、モーターフォカサーがお勧めです!

GINJIというか、某社製品は...
一次改造が終わったので色々とテストしてますが、イマイチ満足できない感じでして困ってます。(汗)

この記事へのトラックバック