三脚のリフレッシュ

たじさんから、廃棄予定の三脚を譲り受けたのでリフレッシュしました。
それには理由があって、三脚の伸長部分がベコベコでした。

画像

先端部の分解後の写真ですがで、伸長パイプがクランプの当たる部分で凹み、歪みが出ていました。

それなら問題の部分をカットしてしまえと、ついでに本体部分もカットして(若干)軽量三脚を目指します。
画像

取り敢えず15cmカットです。

ところでベコベコの原因ですが、こんなクランプを使われてたんですね。
画像

あまり力が入らないように、短縮加工しておいた方が良いかも?

ということで完成。通常の三脚と並べてみました。
画像

今回はクランプを外側にして組んでみました。
そして三脚座が古いビクセンと同じサイズなので、ビクセンの木製三脚は捨ててしまおうという作戦です。
主にカメラレンズでの使用を考えているのでちょうどいいでしょう。

あと三角板? がないので何とかしないと!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

kame
2017年05月30日 21:59
三脚ゲットおめでとうございます。
鮮やかなリフレッシュで、軽量化だけでなく取り回しが良くなって、使い勝手もアップですね。(^^

なお私、SE2の三脚の三角板を何度か閉め忘れたまま使用したことがありますが、それでも意外とイケました。(^^;
2017年05月31日 21:47
kameさん、
頂いたときはジャンクの様相でしたが、復活しました。
単焦点側はカメラレンズで良いかなあという感じなので、これから出番が増えそうです。
反対に通常足版を使わなくなりそうで、それはそれで困ったものです。(笑)

たしかに開き方向の制限している三脚座なら影響は少なさそうですね。
フリーの奴は捩じれたりするので要注意です。

この記事へのトラックバック