続々加工中 その7 (ベルトドライブ化)

今週末は天気がよくないので、加工やその他作業に励んでいます。
まずブログ全体の設定をいろいろと変更しているので、しばらく落ち着かないと思いますが大目に見てください。

あとは加工で少し大物
結構悩んでおられる人もいると思われるCelestron AdvancedVXのオートガイド(だけでもないと思うけど)赤緯暴れですが、根本対策を施してみました。

ベルトドライブ化です!
AVXのギアドライブは赤経/赤緯、モーター側/ウォーム側ともに30歯の平ギアが使われています。
これはAVXの前機種となるAdvancedGTではもっと歯数の多いギアが使われていたようなので、ギア歯の強度アップやコストダウンによる変更でしょうか。
別に歯数が減って回転にジッタが増えたりということは基本的にありませんが、相対的にバックラッシュは大きくなります。その代わりギア間調整はラフにできるというメーカーとしてのメリットはありますが、ユーザーとしてはあまりうれしくない変更でしょう。

ベルトドライブ化するにはまず使用するベルトを決める必要があり、容易に入手可能な中では一番ピッチが小さい、S2Mという2mmピッチのコクドベルトを使います。ベルト材質は耐寒性を考えて、ゴムベルトにしておきます。この時点でメーカーは三ツ星ベルトを選択。商品名はスーパートルクタイミングベルトになります。

AVXのモーター側軸の直径はφ5mm、ウォーム側はφ6mmで、軸間は22~24.5mm(調整範囲あり)でした。
これにマッチするようにプーリーを選びます。
ボス付きのプーリーは厚みがありすぎて、モーターカバーに入りきらない恐れがあるのでボスなしのものを選択します。そうすると歯数が32歯以上という条件が付くので、軸間を考えると自動的に最小の32歯を選択することになります。
ベルト幅は4/6/10mmから選べますが、負荷予想がしにくい(計測してない)ので不安を感じて6mmを選んでみました。軸間距離からベルト長も決まり、32(歯)x2.0(mm/ピッチ)+24(軸間mm)x2=112mm(56歯)となります。
ということで下記を注文!

HTBN112S2M-60    x2 スーパートルクタイミングベルト
HTPN32S2M060-A-P5 x2 スーパートルクタイミングプーリ (フランジなしオプションを選択しておいた方が良いでしょう)
HTPN32S2M060-A-P6 x2 スーパートルクタイミングプーリ


早速到着
画像



そして早速破壊活動!
画像


軸間距離が近すぎで対向するプーリーのベルト規制用フランジが接触するので、片方のプーリーからフランジを外してしまいます。
フランジは注文時にレスオプションが可能なので、モーター側の軸穴径φ5mmの方を選択しておいた方が良いでしょう。
写真では軸穴径がφ6mmの方を外していますが、φ5mmのモーター側のフランジを外せばプーリーを取り付けた状態でベルトの張り調整が出来そうです。(多分)


後は交換するだけ!
ノギスで軸間距離を計測し、0.2mm程テンションをかけられるようにモーターの位置調整をしておいてからプーリーをセットします。その後、少し苦労してベルトをかけました。
画像


内部のクリアランスも問題なし!
画像



とりあえず正逆、1回転ずつRate9で回しましたが特に問題なし。
勿論騒音もそのまま!(笑)
今回は赤緯のみを改造しましたが、様子を見て問題なさそうなら赤経側にも手を出してみようかと思っています。
(歯のプロファイルによるジッタがないのか心配なので、赤経側に使用するのはすこし躊躇があります)
見た感じ反転動作させてもバックラッシュは感じられないので、はやくオートガイドで試してみたいものです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント

のりきゅう
2015年03月05日 23:58
すばらしい!!
ぜひ、ガイド動作などの様子が知りたいです。
ギア->ベルトへの変更だけなら自作キット化もできそうですね。
こうやって自作&改造で強化して行くのはワクワクしますね(^^)
2015年03月06日 23:08
DCサーボモーターの減速ギアがあるのでどうしてもバックラッシュは残りますが、大分改善するはずなので楽しみにしているのですが...、お空のほうがね~。

キット?といっても部品は3種類だけですし、基本交換だけなので楽勝のはず! ぜひチャレンジしてみてください。

まけまけ
2018年06月29日 18:40
はめまして、ベルトドライブ化を検討して、このページを拝見させていただきました。
その後、作動について安定してるものでしょうか
精度的に追従はいかがでしょうか?
ご伝授頂ければ幸いです、よろしくお願いいたします。
2018年06月29日 19:44
まけまけさん、
作動については一切問題ありません。
効果は若干バックラッシュや騒音が改善する程度で、コストパフォーマンスとしては微妙ですが、改造したという満足度は高いと思います。

また上でコメントいただいている、のりきゅうさんのページが詳しいので、こちらを参考にどうぞ!
http://norikyu.blogspot.com/p/blog-page_7.html
まけまけ
2019年02月05日 22:47
ページの確認が久しぶりとなり返答頂いていた件ありがとうございます。保証が切れたら改造を試みたいと思います。

この記事へのトラックバック