反赤を使いこなせ!

アクセスカウンタ

zoom RSS iEQ45Proの修理

<<   作成日時 : 2017/08/27 22:16   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 4

ブログネタはあるような無いような状況ですが...
星仲間のたじさんが、ミスでiOptron製赤道儀のiEQ45Proを壊してしまったということでちょっと見てみることになりました。(通電中に工具を基板に落とされたということで、製品自体に問題があったというわけではありません)

まずは状況確認
画像

基板上の赤色LEDは点灯せずに、ハンドコントローラーには「Connection Error: Main Board」の表示。
どうも電源系がおかしくなった模様。

通電して各部電圧を調べていくと...
画像

赤丸部の部品、DC-DC Converter用ICの出力電圧が出ていない模様。
おそらく12Vから5Vを作っているはずが、1.5V程度しか観測できません。
その(回路的)下段には3.3V三端子レギュレータが入っていますが、入力が3.3Vを切っていたらそりゃ動くわけないですよね。

画像

外部から5Vを供給するとMainBoardは認識できるようで、エラー内容が変わりました。
(RA,/DECボード未接続のエラー)

これで壊れている部品の特定も出来たので、交換用部品が入手できるか調査したらすぐに発見。
無事に発注できたので、交換の準備。
画像

壊れた部品は表面実装品(SOPパッケージ)なので、ヒートガンであっためて一気に剥がします。
勿論廻りの部品に影響がないようにマスキングしておきます。(でないとチッコイチップ部品なんかは吹っ飛びますので)

画像

きれいにさようなら。
パッドにのった半田を、半田吸い取り線でクリーニングして部品撤去は無事完了。
あとは手配した部品が届いたら、半田付けします。

ついでにステッピングモーターが脱調しやすいということで、駆動電流を上げる小細工を...
画像

下のがRAボードですが、電流制限抵抗を下げるテストをするべく抵抗をつなぎかえられるようにソケットを増設。
現状の駆動電流は0.3A以下で、モーター定格の0.7Aにはまだまだマージンがあるので、このマージンを削って脱調を減らす方向でテストしてもらいます。
(上のメインボードはテスト用に外部供給用の配線を半田付けしてます)

あとはご本人にお越しいただき、メカ系の調整を少々して今日の作業は終了。
後は部品が届いてからですね!

と、作業報告でした〜。


あ、ビクセンの木製三脚を廃棄予定ですが、いる人はいませんよね?
画像

屈折用の伸縮脚なのですごく長くなりますが、ヤワなので写真撮影には向きません。あと
三角板とかもないので... はあ、産廃ですね。

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
こんなトラブル、通常ならメーカーにお願いする以外、個人では完全にお手上げのレベルだと思いますが、、、
そしてさらにトルクアップですか!?

全く毎回神業ですね。(@_@;)
kame
2017/08/27 23:46
kameさん、
実はこの記事のような事を仕事にしてたりします。
マイコンレベルの基板なら部品を特定(これが意外と難しい)出来れば、回路図と言うほどではないので、部品のデータシートを探して調べるだけのかんたんな仕事です。(慣れれば)
miner
2017/08/28 07:56
まさに神さまです。
目の前でさっさと作業を進めながら、それでもわかりやすく説明をしてくれるのですが、ほぼ理解できないまま、ウンウン頷いていたのは私ですσ(^_^;
メーカーからトルクチューニングされたRAボードがでているようなので、メインボードとともに購入しようと諦めてたところに神の光が舞い降りて来ました。
ありがたや〜
たじ
2017/08/28 12:56
たじさん、
イエイエ、いつもやっていることなので。
またモーターの方も調べておきますね。

早く部品コイコイ!
miner
2017/08/28 19:38

コメントする help

ニックネーム
本 文
iEQ45Proの修理 反赤を使いこなせ!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる