反赤を使いこなせ!

アクセスカウンタ

zoom RSS PoleNavigator Ver0.90(Final-Beta)リリース

<<   作成日時 : 2017/05/14 00:12   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 13

仕事が忙しかったり、体調が悪かったりと言い訳はいろいろとありますが...
すっかり遅くなってしまいましたが、PoleNavigator Ver0.90をリリースします。


主には以下の修正を行っています。
・インストールフォルダの変更
・繰り返し極軸合わせ時の精度低下防止、
・Viewerモードで、赤道儀とASCOMのPOTH-HUB接続していれば、
PlateSolveされた座標とのSync、
GOTO後にPlateSolveを使って座標修正を行う、
GOTO+(1回修正)/GOTO++(2回修正)をサポートしました。
(あくまで評価用なので、詳しいドキュメントは添付しません)

α版リリースからもう一年以上たってしまいましたが、亀のような進行で申し訳ないです、
今後とも、PoleNavigatorをよろしくお願いします。

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(13件)

内 容 ニックネーム/日時
おはようございます!
新バージョンリリースおめでとうございます^^
業務多忙・体調不良で大変だったでしょうが、新バージョン作製は進行してらしたんですよね。お疲れ様でしたm(__)m
座標修正機能は長焦点鏡筒時はアライメントに威力絶大でしょうね!早速試したい所ですが、天気と私の体調が。。poth−hubも良く理解してないですし・・・
さすらい
2017/05/14 07:08
こんにちわ。着実に進歩して新機能が搭載されてとても嬉しいです。POTHで繋ぐことができるとマウントのアライメントがとても楽になります。BYEやSCは古いドライバは受け付けてくれないしAPTも撮影カメラはできますがwebcamは繋がらず大変でした。とても助かります。
ところで極軸を合わせにいくときに北極星の移動先と現在位置の方位、高さの情報を表示する機能はあるのでしょうか?見つけられずにいます。
通りすがりの星屋
2017/05/14 16:36
さすらいさん、
リリースする、リリースするといいつつ、ここまで引っ張ってしまって申し訳ありません。
GOTO+/++は結構いけそうな予感ですが、POTH-HUBで良いのか? という問題点があります。ただ汎用的となるとこれが今のところ一番なんですよね。(少し安定性に疑問あり)
miner
2017/05/14 20:26
新バージョンありがとうございます。(^^
POTH-HUBって、他のブログ記事でちょっと読んだ記憶はありますが、私は使ったことがありません。
しかしこれで極軸合わせだけでなく、アライメントの精度も上がるってことでしょうか?

ますます便利機能充実ですね。(^^
kame
2017/05/14 20:26
通りすがりの星屋さん
コメントありがとうございます。
ここの所ブログ更新が放置気味でしたが、素早いコメントありがとうございます。(頑張らなきゃという気になりますね!)
うちはKOWAの100mmレンズ+QHY5L-IIMの組み合わせで落ち着きそうですが、これだと800mmの撮影鏡でも全く問題なさそうです。
北極星の移動先などの数値情報は出すことはもちろん可能ですが、今のところ表示はしていません。
ビュワー画面で解析を行うと、中心のRA/DECが出るのである程度は代用できると思います。
もし機能として具体的になっているなら、お伝えして頂ければ実装検討しますので、よろしくお願いします。
miner
2017/05/14 20:35
kameさん、
アライメント時に使えるかは、赤道儀の仕様によります。恒星時追尾がONになっていないとGOTOできないので...。

うちはCelestronのStarSenseというのを導入していて、勝手にアライメントしてくれるので、アライメント用というより撮影時の正確なファインダー用途で実装してみました。

カメラを使って何ができるか、という観点でいろいろ実装してみたいと思っていますが、なかなか時間がね〜。
という感じです。
miner
2017/05/14 21:45
優しいお言葉ありがとうございます。具体的な表示イメージはないのと、まだ新バージョンでの実際の宙で試していないのですが、最初の3回の解析後に画面を右クリックするとエアコレクション有りのときだけと思いますが高度場合で言えば画面右側に補正数値と三角が出ます。縦棒の右側に北極星の位置が出ますが、この右三角の近くに左の目標値との同じ意味合いの数値を出すか、差をとって表示すれば極軸の追込み量が判るのかと思いました。表示の解釈が間違っていたら済みません。
POTH HUBは私のマウントでは結構旨く動いてくれています。室内でのselectとgotoは動きました。そのあとのplatesolveは星が出てないので計算失敗になりますが、マウントからplatesolve2.28に位置情報が伝わるみたいでそれらしく計算し出すところまでは見えました。実際に試せたらご報告します。
通りすがりの星屋
2017/05/15 13:19
通りすがりの星屋さん、
なるほど〜。

北極星位置は都度PlateSolveで求めているので、座標の更新が最短でも数秒に1回となるため、リアルタイム性は確保できず使い辛いと思われます。
赤道儀の高度/方位調整は、大抵はタンジェント方式の
ネジの押し/引き方式とおもいますが、最終調整は微妙な押し引きなのでアナログ的な表示が向いているので、今のような表示に落ち着いていますす。
(PlateSolveはCPUパワーを食いますので、回し続けるのに抵抗があるという理由も有ります)

あとこの話で思いついたのですが、現状ターゲット円は固定サイズ(ピクセル指定)ですが、レンズ焦点距離から秒/分角表示にしても良いかもしれませんね。

そして実際のところ差分(角度エラー)は、なかなか収束しないのです。これは上物が重いほど顕著なので、赤道儀の撓みや地面の安定度などの影響なのでしょう。
まあ実用精度としては今の方式で良いかなあと考えてます。

しかし意外と皆さんPOTH-HUBに反応されてびっくりです。正確なGOTOって需要ありますかね?
2等星くらいまでデータベースを作った方が良さそうですね。(汗)



miner
2017/05/15 20:45
minerさんこんばんわ。
たしかにリアルタイムでplatesolveするのはPCが大変なことになります。現実的ではありませんね。
円の大きさのことを考えていて気づいたのですがSTEP3以降はクランプ締めて恒星時駆動したほうが精度よく合わせられるのでしょうか?というのは高度と方位調整時間で10分もかけていると日周運動で北極星が動きフリーだとその調整時間分ずれるのでしょうか?
無頓着にターゲットが動いてくれるのだと思い込んでいたように思います。円の大きさは丁度北極星の時角になっていると直感的でしょうか?
通りすがりの星屋
2017/05/16 03:06
連続投稿ですみません。STEP1からSTEP3で求めたpoleと北極星の導入位置はplatesolveで計算された値を使いますが、
現在いかほど極軸ズレがあるのかという値は
画像上の北極星位置と導入位置を画面からピクセル数を角度に変換した数値で表すと計算重くならずに表現できないでしょうか?導入位置は時々刻々動いてくれるようですから恒星時駆動しなくても良さそうですね。
通りすがりの星屋
2017/05/16 12:20
通りすがりの星屋さん、
取り敢えず、固定表示になりますが極軸ズレの表示(ConeError)や、数分角程度の円の追加は考えてみますね。

STEP.3以降の実際の極軸調整ですが、赤道儀は停止状態を想定しています。このためPoleNavigatorは現状でも、北極星の時角に合わせてターゲットを動かしているのでご期待の動作になっていると思います。(南天モードでも同様に)
カメラが無い状態でのビットマップ表示では、STEP.3完了後に表示されるターゲットの位置を地球自転の720倍速で動かしていますので、これを見ていただければイメージがわくと思います。

GOTO赤道儀の場合は極軸合わせ後にアライメントを実施しますが、この際に恒星時駆動を開始するケースが多いとので、この仕様としています。

恒星時駆動のみサポートする赤道儀の場合は、極軸合わせ中は恒星時駆動を止めてください。クランプフリーだとちょっとしたことで動いてしまいますし、フリーとはいえ駆動が伝わって動いてしまう場合がありますので。

とはいえ粗動が数百倍速をサポートしていないと時間が掛かりすぎるので手で極軸を回すことになると思いますが、これも結構精度に影響するようです。
miner
2017/05/16 21:59
minerさんさっそくお返事いただきありがとうございます。仕事がご多忙とのことですので無理のない範囲でお願いします。
WDMカメラをサポートしていて、画像スタックしながら極軸解析ができ、HUB経由でアライメントができるソフトって無いと思います。HUBでGOTOしてsyncすれば効率がとてもよいのではないでしょうか。電子ファインダーソフトとしてもかなり需要あるように思います。
通りすがりの星屋
2017/05/16 23:06
通りすがりの星屋さん、
まあ好きでやってますから続いていますが、そろそろケルを付けたいところです。(汗)
ということで、もう少々お付き合いください。
miner
2017/05/17 00:05

コメントする help

ニックネーム
本 文
PoleNavigator Ver0.90(Final-Beta)リリース 反赤を使いこなせ!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる