反赤を使いこなせ!

アクセスカウンタ

zoom RSS PoleNavigator Ver0.81(RC-Final2)リリース

<<   作成日時 : 2016/12/30 02:17   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 22

年末進行の上に風邪をひいて、ボロボロの12月後半でした。
自宅でもリビングに家族の隔離者がいて、PCに触れず...。
ということで交信が滞っていました。

PoleNavigatorは、先のVer.0.80(a)でインストーラー対応をしましたが、
インストールフォルダによる管理者権限付与問題が出てしまいました。
このあたり、WindowsXPまでのプログラミング事情まで位しかわたっていなかったので、何気に苦労しました。
またPoleNavigator本体の対策はしましたが、呼び出すPleteSolve2でも問題が出るので、呼び出し関数を変更して対策を施してみました、

PoleNavigator Ver.0.81


また以下の2点も修正しました。
- 座標解析結果の円中心がStep.1〜3の三角形に入っていない場合は、
解析結果を破棄して3角形の重心位置を採油するように修正。
(繰り返し時の精度対策、たわみ対策)
- Viewerモード時の座標解析結果の表示が"Y座標"方向にずれていたのを修正

これで問題がなければ、正式にVer1.0としてリリースしたいと思います。
(カメラ関係のアップデートが間に合えば入れ込み予定)

秋の正式リリース予定が、年を越してしまいます。(汗)

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(22件)

内 容 ニックネーム/日時
お世話になっております。
お体は大丈夫でしょうか?インフルエンザやノロウィルスなど大変流行しているようですね。今後ともご家族様ともどもお気を付けください。

Ver0.81有難く使わせていただきます。

先日、埼玉の堂平山に行ってきました。
PoleNavigatorのテストを兼ねて行ったのですが、準備・確認不足のためStackが上手く機能せず、急遽SharpCapにて極軸合わせを行いました。
稚拙ですがこんな感じです。ブログは開設したばかり(笑)
http://photojoy01.blog.fc2.com/blog-entry-3.html

C270の改造カメラでテストを行っていますが、やはりお安いカメラのため感度が低くてSharpCapでは星が見えづらくPoleNavigatorのStackの威力は大きな武器だと感じています。

そして何よりもポタ赤などで気軽に使えるアイテムが揃えば、天体写真のハードルがぐっと下がり、気楽に楽しめる層が増えると感じていますし、既に私自身がその一人です。(笑)

今後ともよろしくお願いいたします。
PhotoJoy
2016/12/30 12:07
minerさん、

こんにちは。気になっており、昨夜もテストしてきました。星像ぼろぼろの50mmレンズから75mmレンズに変え、非常に良い結果が得られました(それだけではないと思うけど)。本記事のバージョンではなく、0.80の方です。

http://blogs.yahoo.co.jp/otaru1960/40205147.html

設定が悪いのだと思いますが、PoleMasterのカメラでは、Plate-Solve2が落ちてしまい、評価できなかったので、またの機会に0.81で試してみます。

これなら、航空機で荷物を減らしたいときに、ガイドカメラと、極軸調整カメラを共用にすることができます。すごいソフトを製作頂き、感謝です!
コウイチ
2016/12/30 12:44
私も昨晩遠征したので、0.80を使って極軸合わせをしました。結果は非常に良好です。撮影中、PHD2のグラフが、とても一軸オートガイドとは思えない推移を見せてくれました^^
これからも永く撮影の友としたいと思っています。ではでは。
ひろりん
2016/12/30 17:44
いよいよ正式版一歩手前まで漕ぎ着けられましたね。
おめでとうございます。
そしてありがとうございます。

早速DLさせていただきます。(^^

今年はPoleNaviatorのお陰で、かなり楽に星撮りをさせていただきました。
来年もどうぞよろしくお願いいたします。

良いお年をお迎えください。(^^
kame
2016/12/30 18:52
0.81をWindowsXP環境でインストールし実行したところ、下記エラーが出ました。XPは非対応でしょうか?
「api-ms-win-crt-l1-1-0.dllが見つからないため、このアプリケーションを実行できませんでした。・・・」
削除し、再インストールしましたが結果は同じでした。
VC++2000再頒布コンポーネントは、指定のものより新しいものがインストール済みだったため、インストールはしていません。
お手数がをおかけしますが、宜しくお願いいたします。
もっちゃん
2016/12/30 21:29
PhotoJoyさん、
何時もコメントありがとうございます。
風邪は書状はあまりひどくはないのですが、長引いていて、またぶり返したりしてあまり芳しくないです。

Stackの機能がうまく動かなかったのは不思議ですが、もし何かわかりましたらお知らせください。
原因があるとしたらメモリ関係かと思いますが、PoleNavigatorでは起動時に一通り確保してしまう構造なので、ちょっと原因が判りません。

自前ではC270よりさらに古いカメラを使っていましたが、Stackすれば何とかなりますよね。
画面が白くなりやすいので、マイナスオフセットを設けるといいかもしれませんね。ちょっと考えてみます。
miner
2016/12/31 18:19
コウイチさん、
テスト頂きありがとうございます。
PlateSolve2の動作はコントロールしきれない部分ですが、微妙にセンシティブなところがありますね。
PNimageX.jpgをPlateSolve2に直接読み込ませて、セッティングすればいいと思いますよ。

元のコンセプトは短時間にある程度正確に! というものだったのですが、ポタ赤運用の方に意外と受けがいいようでびっくりでした。
miner
2016/12/31 18:25
ひろりんさん、
初期から試していただき、いろいろコメントを頂けたおかげもあり、いい感じに仕上がってきましたね。
今後ともよろしくお願いします。
miner
2016/12/31 18:26
kameさん、
やっとここまで来ました!
でもこの新月期は風邪で出かけることも出来ず、残念無念。

来年のよろしくお願いします。
miner
2016/12/31 18:27
もっちゃんさん、
今回のVer0.81ではWindows Vista以降で採用されたユーザーアカウント制御(UAC)に対応するため、Ver0.80以前では使っていなかったAPIを使用しました。
おそらくこれがXP用の再頒布パッケージに入っていないのだと思います。
VisualStudio2010で作っていますが、試用したAPIがXP用の再頒布パッケージでサポートされていないのでしょう。

うちのPCも流石にXP機がなくなってしまったので検証も出来ませんが、Ver0.80は無事に動いてますでしょうか?
miner
2016/12/31 18:36
minerさん

あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願い申し上げます。

Stackですが、Ver.0.81をインストールしたところ問題なく動いております。何だったのでしょう・・・?
色々とアプリを起動したままだったので他のアプリが影響した可能性もありますが、原因は分かりません。
お騒がせいたしました。

マイナスオフセットですか。画面が見やすくなれば光害下でも認識・解析率が上がると思われますし、極軸合わせだけでなく電子ファインダーとしても使いやすくなりそうですね。そうなれば迷子にならずに星を見つけられそうです。
PhotoJoy
2017/01/02 02:32
Ver.081をアンインストールした後、Ver.080をインストールしましたが、同じエラーが出ました。
今時、XPをまだ使っているのですから、仕方ないですね。
もっちゃん
2017/01/02 10:48
初めまして、関西で活動しているにどすけと申します。
早速ですが、0.81を導入する際に私が体験したことを報告させていただきます。環境はwin10 32bitです。
インストーラーでインストールまでは完了したのですが、PlateSolve2にAPMを設定して閉じた後でPoleNaviをテストモードで動作させるとAPMが見つかりませんと出ました。
確認するとPoleNavi上のPlateSolveではAPMの設定が反映されていませんでした。※PlateSolve単体では設定を覚えています。
解決策としては旧VerのPlateSolve設定ファイルをコピペで移植することで正常に動作することが確認できました。
近々、実運用でのテストを行いたいと思います。

あと、質問なのですが、レンズの焦点距離は12mmなどの広角でも使用可能でしょうか?
にどすけ
2017/01/02 10:52
こんばんは。0.81は Veiwerモードの座標解析結果の表示が修正されているとのことですが、まだちょっとズレていませんか? X方向に。
Step.1を実行後、Veiwerモードにして解析を実行してみると分かりますので、確認をお願いいたします。
ひろりん
2017/01/02 22:23
PhotoJoyさん、
Stackの件は、私も普段あまり使ってないので時間が取れたら集中的にやってみます。
オフセットはCCDのLodestarでは必須だったので盛り込み済みですが、本来はダーク引きをするべきなのでしょうが、オフセットの方が使いやすそうで...
miner
2017/01/05 22:40
もっちゃんさん、
Ver0.80でもでましたか。
そうすると、やはり権限関係が怪しいのかも。
Program Files以外に移動したら動くかもしれないので試してみてください。
だめなら正式リリース時に、Ver.0.7X相当に修正を加えたXP専用?を作りますかね?

miner
2017/01/05 22:44
にどすけさん、
初めまして、またコメントありがとうございます。
こちらでも確認しました! これも権限関係のようですが、なかなか難しいですね。対策を考えてみます。

焦点距離は12mmとのことですがカメラの素子サイズにもよるので何とも言えませんが、QHY5等ならもう少し長い方が精度は出ると思います。
あと広角による歪も影響があると思うので、CCTV用のレンズならかなり安いので、この機会に揃えてみてはどうでしょうか?
miner
2017/01/05 22:48
ひろりんさん、
X方向のズレって、2ピクセル位ずれてるやつですか?
#お気づきになるとは流石です。(大汗)

多分、丸め(整数化)の方向間違いと思うのですが、面倒で放置していました。スイマセン!
miner
2017/01/05 22:50
いや、それがですね、Step.2のbitmap画像を基に解析した場合には確かに2〜3ピクセルくらいのズレなんですが、Step.1のbitmap画像を基に解析すると、40ピクセルくらいズレます。
なんででしょうね(^^;
ひろりん
2017/01/06 00:28
ひろりんさん、
ほうほう、具体的な症状をお聞きしてなかったので助かります。
確認してみます!
miner
2017/01/06 19:57
Ver0.80aをCドライブ直下にGagareTフォルダを作りインストールしてみましたが、やはり同じエラーが出ました。
可能であれば、XPでも動くバージョンでのリリースをお願い親します。
もっちゃん
2017/01/06 23:11
こんばんは。前のコメントにも書きましたが、Step.1を実行後、Veiwerモードにして解析を実行してみると分かりますので、確認をお願いいたします。
ひろりん
2017/01/07 00:08

コメントする help

ニックネーム
本 文
PoleNavigator Ver0.81(RC-Final2)リリース  反赤を使いこなせ!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる