反赤を使いこなせ!

アクセスカウンタ

zoom RSS PoleNavigator Ver.0.74 Re:Ver0.73(RC4)リリース

<<   作成日時 : 2016/12/12 00:27   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 25

(注)
疲れているのかミス連発で...添付のビットマップを間違えていたのと、PoleNavigator本体も開発途中のものを添付していたようなのでバージョンアップします。(違いはおそらく南天対応のみなので、北天では問題ないとは思いますが念のため)
あとインストーラー対応を進めているのですが、その兼ね合いもあり実行ファイル・設定ファイル名を
PoleNavi から PoleNavigatorに変更しました。(MS-DOS世代としては、ファイル名はつい8文字にしてしまうので)

ここのところ余裕がなくて開発が止まっていたPoleNavigatorですが、問題が見つかったのでなんとか時間を取りバグフィックスをしましたので新しいバージョンをリリースします。

またVer.0.73ですが、ストモードでStep.1後にプログラムの異常終了が発生すると報告ありましたので、他の方でも問題が出たらお知らせ願います。(出来ればVer.0.74の結果も併せて)


PoleNavigator Ver0.73
PoleNavigator Ver0.74
画像


天候不順のせいもありますがPoleNavigatorのテスト不足はあきらかなので、先のブログエントリの通り、何とか2夜ほど実運用テストを敢行しました。しかし、どうも精度的に問題があるように思えてチェックしてみると、見つけてしましました。関数整理の際に、J2000.0分点から視位置変換ルーチンで座標の極性が反転していました。
この手のプログラムは信頼性第一と思いますが、やってやてしまいました。

これに懲りずに試してやろうという方がいらっしゃいましたら、成否のフィードバックを頂けると助かります。


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(25件)

内 容 ニックネーム/日時
おつかれさまでした。早速、週末に使ってみますね〜
たじ
2016/12/12 12:49
バグフィックス、お疲れ様でした!

私も週末にテストさせて頂きたいと思います。私の天体撮影にとっては、もはや必須のソフトです!
やまぎり
2016/12/12 22:19
ご多忙の中修正ありがとうございます。

早速DLさせていただきました。(^^
kame
2016/12/12 22:22
ええっ!そんなバグがあったんですか?!
言われてみれば、このところ極軸の精度がなんだかおかしいなぁと思っていたんですけど、PNの精度はかつての古いバージョンで信用してましたから、そこは疑いませんでしたね(^^;
開発者でないと気づきにくいバグでしたね。
bugfixが確認されるまでは古いバージョンと併用した方が良いですかね(^^;
ともかく、私にとっても必須のツールですから、バグ発見と修正、本当にありがとうございます^^
ひろりん
2016/12/12 22:46
早速DLして取り急ぎいつものようにbitmapで確認しました。
まず、bitmap画像が0.71と違っているようですね。そのままでは PlateSolveで matchできなかったので、0.71の bitmapをコピーして使用しました。これは問題ないですよね。
で、各stepで算出表示される天の北極の位置が 0.71とは異なっていることを確認しました。また、Stellariumでざっくり確認しただけですが、0.73が示す北極点の方が正しそうです。(なるほど、これだけ違っていたんですね。)
ただ、viewerモードが示す北極点は修正されていないようです。

以上、簡単なご報告まで。
ひろりん
2016/12/12 23:31
たじさん、
少しおかしいなと思いつつ、チェックしていなかったのには落ち込みした…。
今度のはしっかり机上チェックしたので、また結果が出たら教えてください。
miner
2016/12/13 08:19
やまぎりさん、
オートガイドを行うとは言え、設置精度は出来上がりに響きますね。今回思い知らされました。
遠いもの好きクラブとしては、しっかり押さえるべきでした。次回こそはものにしたいところです!
miner
2016/12/13 08:23
kameさん、
なかなか時間が取れずにいますが、正式リリースに向けて少しづつ準備してます。
今回は時間優先でリリースしましたが、直ぐにインストーラー付きバージョンをリリースするかも。
もう少し頑張ってみます。
miner
2016/12/13 08:26
ひろりんさん、
チェックありがとうございます。
少し自信が持てました。(汗)

やはり内部は変換処理が多く、画像の反転や南北対応、ころころと正負反転させているのでコードが汚くてワケワカメになってしまったようです。
ちゃんと整理したいところですが、時間もありますがまたバグを作り込みそうで、なかなか踏ん切りがつきません。
ビュワーモードはチェックしておきますのでもうしばらくお待ちください。
miner
2016/12/13 08:34
新バージョンのリリース、お疲れ様でございます。
先日よりダウンロードさせていただきテストしております。
早速新バージョンもダウンロードして使わせていただきます。
今後ともよろしくお願いいたします。
PhotoJoy
2016/12/13 10:31
こんにちは。以前、南天での使用について質問させて頂いた者です。ようやく機材NZへ持ち込む目処が立ちましたので、準備をしているのですが、南天で使用する場合、最適なレンズの焦点距離は何ミリでしょうか?QHY5L-IIの運用を考えています。南天は例の台形を基準に極軸を合わせると思うのですが、結構、広角なレンズが必要かなと思っています。
jajaumarider
2016/12/13 11:11
PhotoJoyさん、
はじめまして? コメントありがとうございます。
大変励みになります。

早速ですが修正が入って、バージョンアップさせていただきました。
作者が壊れ気味で怪しいところもありますが、よろしくお願いします。
miner
2016/12/14 01:28
jajaumariderさん、
お久しぶりです!
南天の動作が怪しかったので、Ver0.74で確認してますので、こちらをお使いください。
そしてレンズですが、ステラナビゲーターなどで見る限り、25〜35mmくらいが使いやすいように思います。
八分儀の台形を簡単に認識できるようになれば、50mmも行けると思いますが最初は辛そうな気がします。

あとお願いしたいマニュアルの英語化ですが、簡易マニュアル(日本語)を準備中なので、またそのうちお願いしてもいいでしょうか?


miner
2016/12/14 01:36
ver0.74インストールしてみました。
QhY5III-178Mをつかっているのですが、カメラは“qhy”設定で認識している模様なのですが、ピクセルピッチを2.4umに設定しても、3.75umに戻ってしまうようです。
HUQ
2016/12/14 05:40
HUQさん、
あ〜それはSDKが対応していないのでしょうね。カメラから情報取れるものは突っ込んでいるのですが、リストになくて適当に返していると思われます。
QHYはSDKを公開していないので要求してみますが、最近対応が悪い(余裕がない?)と言う話もあるのであまり期待はせずにお待ちください。
暫定では解像度が正常なら、焦点距離を1.56倍くらいしておけば対応できるかと思います。

miner
2016/12/15 07:53
minerさん
ご返信ありがとうございます!
レンズの件了解いたしました。

マニュアルの英語化も私でよければ承ります!
jajaumarider
2016/12/16 11:10
おはようございます。
先程まで検証していました。

赤十字のターゲットに導入後しばらく放置してみた所、前回のverよりズレが随分少なくなっていました。
でもズレるなぁ〜と思いつつもまずは120mmノータッチで15分、星3個分ぐらい流れました。

安物ポタ赤(スカイメモS)なのでRAの追尾精度が影響していると思います。
手軽さに憧れて購入したという。。。
次にPHD2で一軸(RA)ガイドをしながら120mm-15分で星がピクセル等倍で点でした。
DEC側ガイドグラフのトレッドラインが水平になり極軸誤差が2ピクセル(0.42分)と表示され喜びましたが、次の時にはトレッドラインが上がったり下がったりで、これは赤道義側の問題かもしれません。
2軸ガイドなら少ない修正で長焦点でも点に写ると思います。
今まではAOガイド800mmで1ピクセル以下のズレでしたので、単に私が神経質なのだと思います。
次回は極軸望遠鏡で合わせたものと比較してみたいと思います。
これより精度が上ならば、何も言う事はありませんね。
後は、ちゃんとした赤道義で検証してPoleNavigatorのさらなる精度向上に何かお役に立てれば幸いと思っています。

それから北極星の導入はレーザーファインダーだと凄く簡単にできます。
私はQHY5L-UM+75mmですが、もっと長いレンズでも非常に簡単です。
赤道義の1回目のアライメント時に良く使いますが眼視100倍でほば中央に導入できます。
金子
2016/12/17 07:27
テストを行いました。検証方法は、Polenavigator Ver.074で、極軸を
合わせてから極軸合わせ支援アプリのPolarisScopeが、示す北極星の
位置と極望を見ての北極星の位置のズレと確認するのとSharpCapの
PolarAlignment機能を使用して北極星のずれを確認しました。
使用した環境は以下です。

カメラ:ASI120MM
レンズ:35oF1.7
赤道儀:EM-10
カメラの取り付け位置:極望の穴に取り付け

結果は、Polenavigator Ver.074で、極軸を合わせてから極望で、
目視で北極星の位置を確認してPolarisScopeの北極星の位置を
確認しましたが、大きくズレていました。
また、SharpCapのPolarAlignment機能でも確認しましたが、
こちらでも大きく北極星の位置が、ズレていました。
北極星の位置のズレは、Ver.072と同じような位置と方向でした。

検証に使用したソフトについては、PolarisScopeは、これまで
EM-10での極軸合わせに使用して、撮影したいた実績があります。
また、SharpCapのPolarAlignment機能も今回のPolenavigatorと
同じ検証方法で、PolarisScopeと同じ位置に北極星を導入するので
どちらも正しいと判断します。

Polenavigatorの動作検証で、Polenavigator、PolarisScope、
SharpCapのPolarAlignment機能で誤差の範囲で同じ結果が、得られ
ないといけませんが、Polenavigatorだけが、大きくズレた結果を
示します。これは、恐らくPolenavigatorにまだバグが、あるのでは
ないでしょうか?
Orca
2016/12/17 15:01
連続投稿ですみません。

現在、皆さんが、動作の検証をされていると思いますが、検証方法と
環境をある程度同じにしないと十分な動作検証か、できないと思います
ので、テスト環境を提示されてはどうでしょうか?

以下に気が付いたことの質問を書きます。

質問1
カメラを取り付けるときのカメラの上下方向は、地上の風景が、正立
するように取り付ける必要が、ありますか?

質問2
赤道儀の設置で、赤道儀の水平を正確に出しておく必要は、ありますか?

質問3
Polenavigatorでの極軸合わせの動作で、120度回転させる動作ですが、
これは、モーターで、高速回転させて回転させるべきなのか、クランプを
ゆるめて、手動で回転させてもよいのか、どうなおでしょうか?
因みにSharpCapのPolarAlignment機能では、クランプをゆるめて、手動で
回転させています。

質問4
Polenavigatorの露出時間を100ms以上に設定すると画面が、左右に2分割
されて表示されます。これは、こちらのPCの環境の問題でしょうか?
Orca
2016/12/17 15:02
Ocraさんの書き込みは理路整然とされて分かりやすいですね。
私はPolar Scope AlignというPolarisScopeと似たソフトで確認しています。

ご提案の環境提示は機器による誤差が
想像できる点でいいですね。

あくまでも個人的な見解としてですが
質問1,2は3点より円中心(機材の極軸が向いている方向)を求めるので無関係と思っています。カメラと極望との平行度も天の極に向けばいいだけの話なので同様です。
これらによりの影響するのは、円または円弧の中心を求める際の半径が大小するが円中心は変わらないイメージです。っとソフトの開発無関係が言うものおかしな話ですが。

質問3は機材のガタ次第なのですが、余程の物でない限りクランプ締めによる影響は回転方向に動く位ですね。
これはライブカメラで確認できますので、皆さんのはどうなんでしょうね。

質問4の画面左右二分割はwin7x64、win10x64共に正常に表示されています。


金子
2016/12/17 18:18
orcaさん、
金子さん、
コメントありがとうございます。返事は後ほどさせて頂きます。

時間がなかなか取れなかったのですが、流石に作者がテストしないのは駄目でしょうということで山の中で頑張っていました。
結果として、修正漏れが見つかりました。また連続しての調整もある程度は知見が得られたので、少々お時間をください。
これで精度問題は解決すると思います。
miner
2016/12/18 04:04
orcaさん、
PoleNavigatorのVer0.73/0.74には、0.72までに潜在していた問題をすべて修正しきれておらず、修正漏れがありました。
具体的には画面上でのX方向の補正量間違えがありました。昨夜実地テストしてきたので、おそらくこれで解消すると思うのでリリースをお待ちください。

質問への回答は、金子さんの物とかぶりますがご容赦ください。
1. カメラが正立状態である必要はありません。
ただ極軸の調整が簡単なように成立を推奨しています。

2. 水平出しの必要はありません。
(GOTOのアライメントに影響するので、合わせるに越したことはないです)

3. 赤道儀やカメラの搭載位置にもよるのですが、回転やクランプ動作でタワミ量や方向がかなり変化するので外力の影響を定量化しやすいモーター駆動を推奨してます。

4. 私自身はASIカメラを持っていないので現象は見ていないので確かなことは言えませんが...
ASIのカメラを使われている方から同様の事例の報告は受けていて、ZWO社のSDKにバグがあるのではないかと疑っています。
miner
2016/12/18 11:41
金子さん、
フォローありがとうございます。

円を求める方式なのでロバスト性は非常に良い(回転や水平)のですが、計測点が狭い範囲にまとまるとかえって精度が悪化するという問題があります。
これはタワミなどの影響が大きく出るためで、昨夜のテストで感触をつかんだので対処を入れてみます。
miner
2016/12/18 11:45
まだ実戦投入していないので bitmapでの動作確認しかできていませんが、最後に出てくる Targetマークの表示位置が間違っているように見えますね。minerさんのコメントにある「画面上でのX方向の補正量間違え」ってのは、このことですかね(^^;
ひろりん
2016/12/18 16:59
ひろりんさん、
幾何学的にすぐ確認出来るのに、怠っていました。
すいません!
インストーラー付きの、審判をこれから登録しますね。
miner
2016/12/18 23:23

コメントする help

ニックネーム
本 文
PoleNavigator Ver.0.74 Re:Ver0.73(RC4)リリース 反赤を使いこなせ!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる