反赤を使いこなせ!

アクセスカウンタ

zoom RSS ここのところ (追記有り)

<<   作成日時 : 2016/12/06 23:59   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 13

余裕がなくてブログを全然あげていませんが、何とか撮影だけはやっております。
最近の成果を簡単に報告しておきます。

11/4 富士山 富士宮口五合目 (雲がなかなか取れず、風が強く寒かった...)
---------------------------------------------------------------
M33
画像


ガイドが赤経方向に流れてます。
風の影響で赤道儀のガタが出ていると思っていたのですが....


12/2 朝霧アリーナ (冬らしく少し荒れたシーイングに、透明度がいまいち)
---------------------------------------------------------------
M81とM82のつもりが!
画像


活動銀河のM82と一緒に撮るはずが...、写っていたのは、かわいらしいNGC3077でした。斜め上ならぬ、斜め下でした...。

どうもアライメントに失敗したようで(星を間違えた?)、この夜はGOTOがボロボロでした。
しかも先日の富士宮口後に赤道儀のガタを調整したにもかかわらず、赤経方向の流れが出ています。



M81の写真と時間関係は前後しますが、GOTOの調子が悪く目標と全然違う方向を取った写真ですが、遠い(暗い)天体がどのくらい写るかの評価を兼ねていたので、PGCカタログでどのくらいの等級まで写っているかチェックしてみました。(エリダヌス座付近)
画像

(ISO800、300secx4枚)

何とかというレベルだと18等後半まで確認できるので、
空の状態が良くて露出を掛ければ20等位までは行けそうな感じですね。


最後にこの時期のお決まり、M42
ここは飛行機の銀座通りなので長時間露出するとどうしようもなく軌跡が入ります。10分露出は全滅でした。汗
画像


こちらは多段階露出の習作です。
(10/30/300/600sec合成)


(追記)
すこし、nik-correctionで遊んでみました。(HDRフィルタ)
画像

うーむハデハデだ!

こちらはディテール強調
画像

派手には変わりないですが、こちらの方が好みかな?
(ここまで)



そしてここからが問題なのですが、夏以降天候が不順でまともにテスト撮影していなかったのですが、どうもPoleNavigatorの座標解析に問題があるっポイです。
赤径のガイド不良もそうですがガイドグラフを見ると赤緯もおかしいようで、昨日気づいたので精査はできていませんが各ステップの解析が視位置ではなくてJ2000点分点のままでやっているように見えます。
つまり極軸があっていない状態なので、ガイドがおかしくなるのも道理というものでして。
(補足:各ステップを120°間隔キッチリできていれば、補完されて問題ないのですが、ズレると影響が出るので運用の仕方によっては顕在化しないこともあると思います)

たしかVer0.5X台くらいで座標変換の関数整理をしたのでそのあたりで何かやってしまったようで、現在凹んでいます。
もし似たよう状況を確認されいる方がいらっしゃればい教えてください。
秋の正式リリース予定がすっかり遅れて、このザマでは...。
さてどうしたものか!!!


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(13件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは。PoleNavigatorの開発、お疲れ様です&
ありがとうございます。
赤経方向に星が流れるとのことですが、お使いの
赤道儀はAdvancedVXでしょうか(もしくはAGT)。
もしそうなら、赤経のアンチバックラッシュは
0でしょうか。自分もAVXを使っているのですが
同じように赤経に少し伸びる現象があり、思う
ところがあります。ガイドレベルの微調整時には
赤経のアンチバックラッシュは要らない(0でよい)
と思うのです。赤経ガイドは赤緯ガイドみたいに
ガイド時に軸が反転するわけではなく、日周運動に
よる星の移動を追尾する速度を微調整する程度の
調整なので、常に同じ方向に回転していて、その速度
を微調整している程度の状態です(つまり、赤経ガイド
の調整程度では、常にかみ合って動いている)。
なので、赤経アンチバックラッシュがあると逆に
過修正してしまうのではないか、と考えています。
ざき
2016/12/07 19:15
ざきさん、
コメントありがとうございます。
赤道儀はご指摘の通り、AdvancedVXです。

アンチバックラッシュ設定は、平ギアの部分を詰めてもウォームギア部ではどうしても残るので、修正動作のレスポンスを考えると多少は必要と感じています。
自分の場合は30〜50位で調整しています。

今回のケースは、夏以前では見られなかった現象なので何らかの原因があると思うのですが、赤径も以前のガイドグラフと比べると安定していないので、どうも極軸がきっちりあっていないような気がすると感じた次第です。

まあいい機会なのでPoleNavigatorの位置精度の再確認をコなって、その後どこに問題があるのか探してみますね。(バックラッシュ調整も含めて)
miner
2016/12/07 22:17
お世話になります。
75mm+QHYL-5Uの構成で
PoleNavigatorで合わせた後、PHD2ガイディングで
DECガイド無しで極軸ズレをグラフで確認したところ
結構ずれている様です。
極軸望遠鏡が示す位置とも反時計回りに
結構ずれていました。
2016年の円周上にはキッチリいました。

その後、極軸望遠鏡で合わせPHDのグラフを見ながら
手動で微調整しましたら15分で0.43秒ズレでしたので
赤道義側は問題ない様です。

本来ならばPoleNavigatorの赤十字に北極星を導入し
そのまま放置しても赤十字も恒星移動される様なので
星がいるはずですが、少しづつずれてました。

それとPoleNavigatorには簡易的に極軸スケールが
有りますが、正立像表示ですが
極軸望遠鏡が倒立像なので
出来れば倒立像表示(180°反転)だと助かります。

あと一息ですね。
お疲れの中、恐縮ですが頑張って下さい。


金子
2016/12/07 23:25
ご多忙の中、ソフト開発の合間を縫っての精力的な撮影
、恐れ入ります。m(--)m

M42、個人的には一枚目と二枚目の中間ぐらいに一票です。(^^;

ところで先週、私もPoleNavigatorの7.1をようやく試させていただきましたが、ガイドが荒れ気味でした。
しかしこの時は、一緒に新しいガイドソフトも試用していたため、そちらのせいかな?と思っておりました。
今となっては申し訳ありませんが、どちらが原因か特定できません。(^^;

しかしVer7.1、一段と使いやすくなった上に画面もクールになったので、使い心地はとっても良かったです。(^^
kame
2016/12/07 23:27
minerさん
夏頃は極軸が合っていて赤経の補正が少なかったのかもしれませんね。本来、ガイドが決まっていれば多少極軸がずれていても星は点に写ると思います(基準星を中心に回転しますが)。赤経アンチバックラッシュ、ぜひ一度切ってみてください。
ざき
2016/12/08 12:32
minerさん
夏頃は極軸が合っていて赤経の補正が少なかったのかもしれませんね。本来、ガイドが決まっていれば多少極軸がずれていても星は点に写ると思います(基準星を中心に回転しますが)。赤経アンチバックラッシュ、ぜひ一度切ってみてください。
ざき
2016/12/08 12:32
金子さん、
ご報告ありがとうございます。
やはりPoleNavigatorは問題ありですね。

この機会なのでしっかり精査してみるようにします。
#もう少しお時間を下さい。

北極星の簡易表示ですが、カメラ画像が正立を基本としていて混乱しそうなので正立のままとさせてください。
また時間が取れれば、極軸望遠鏡専用のガイド表示を考えてみますので。
miner
2016/12/08 21:55
kameさん、
いえ、それが最近忙しすぎて全然手が付けられてないのです。
#その割に遠征しているという話はありますが...

また年末でさらに忙しくなっていますが、少しは時間を作って頑張ってみます。
ということでもう少々お待ちください。
miner
2016/12/08 21:57
ざきさん、
初期のころは一晩中極軸合わせをしていたので、精度の確認はできていたので、何かやらかしているのだと思います。

ガイドの流れは、そういえば以前はST-4接続だったのが、ASCOM経由になっているのでそのあたりも関係しているかもしれませんね。
またPoleNavigatorを何とかしたら色々パラメータをいじってみますね。
miner
2016/12/08 22:01
minerさん、こんばんは。
私は、ver0.55を使い続けているのですが、ここ最近のPHDのグラフを見ていると、赤色のトレンドラインはほぼ水平に張り付くので、問題があるとは全然気づいておりませんでした。少しでもお役に立てればとコメントさせて頂きました。
今度の遠征では、遠い天体撮影大会!にしましょうね^^
やまぎり
2016/12/08 23:52
遠征で、3回使いましたが、1回しか極軸を合わせる
ことができなかったので、自宅でテストした結果を
以下に書いています。

http://blogs.yahoo.co.jp/ngc4826/35063300.html
http://blogs.yahoo.co.jp/ngc4826/35072776.html
Orca
2016/12/10 01:06
やまぎりさん、
ご返事遅くなりすいません。
PoleNavigatorの座標ミスはどのバージョンから入り込んだのかまでは調査できていませんが、原因はわかりました!

年末年始は関西方面に帰省するかもしれないので、予定が立てづらいですが予定が合えば、一緒に狙いましょう!
自分もリストを作らねば!!!
miner
2016/12/11 01:43
orcaさん、
ご指摘ありがとうございます。
ここのところ忙しくしていたので実地テストも出来ていなかったのが仇となっってしまったようで、ご迷惑をおかけします。

原因は特定できて、歳差補正(J2000.0分点から視位置への変換)の極性を間違えているという...、ありがちなミスでした。
これにより、天の北極の位置で2倍、かつ北極星の位置変換でさらに2倍と、歳差補正分が4倍のずれとなっていたので台無しでした。

明日もう少し頑張って、暫定版をリリースするようにします。

miner
2016/12/11 01:50

コメントする help

ニックネーム
本 文
ここのところ (追記有り) 反赤を使いこなせ!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる