反赤を使いこなせ!

アクセスカウンタ

zoom RSS 棒茄子ポチ、第弐弾

<<   作成日時 : 2016/07/03 12:13   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 9

まずライトな方から...
メイン赤道儀のCelestron AdvancedVXですが、コストパフォーマンスが良くてほとんど不満はないのですが、唯一我慢できないのが赤経/赤緯軸クランプです。
写真では分解したクランプレバーの下の真鍮のネジ、さらに下に樹脂の円筒状部品を介して、アルミの円筒状部品に押し付けて摩擦で固定する仕組みになっています。
ところがこの樹脂部品の撓みや摩擦係数が低めなこともあり、ガッチリとクランプ出来ずにいました。
これはGOTO赤道儀の保護機構(鏡筒と三脚の干渉時などの滑り)としてはアリだとは思うのですが、その滑り程度に問題があると感じていたわけです。

画像


そこでこの樹脂部品を、真鍮製のカラーに変更してみました。
(写真で4個写っている部品の一つを使用)

軽いクランプ動作でも確実に固定可能できていて、鏡筒を持って力をかけた時に微小に動くガタのようなものも解消しているように思えます。これだけ効果があると、強風時の揺れも少し緩和されるのではないかと期待できそうです。
アルミ部品へのアタック性が心配ではありますが、それに勝る効果があればいいなあという感じです。
しばらく使ってみて、分解チェックしてみましょう。




もう一方は、ピントゲージです。
従来はカメラ側に標準サイズ(φ52mm)ダイヤルゲージを取り付けていたのですが、電動フォーカサーの導入などで取付けが困難になったので、鏡筒側に手持ちのφ40mmの小型ダイヤルゲージを付ける方向で検討していました。
フォカサーに穴をあけるのも嫌だったので、某製品を参考にして組んでみることにしました。
使用する部品は、支柱クランプと呼ばれるもので、支柱が平行の物と直行の物を組み合わせて、ドローチューブのクランプ穴を使います。
画像

部品自体は3英世さんくらいで集まるので、ドローチューブのクランプを生かすかどうかがポイントとなります。
ここは自作でしょうということで、右下の真鍮製M8ボルトを加工して、中心にM4ボルトが通るようにしました。
(念のためボルトは3本発注しましたが、穴がまっすぐ空かなかったり、ドリル刃を何本も折ったりと加工は結構大変でした)
支柱クランプを組んだ状態で各部の寸法を測ったので、クランプのドローチューブに当てる樹脂部品や手回しネジを追加発注しました。追加発注部品は来週中頃問到着予定なので完成は次週ですね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(9件)

内 容 ニックネーム/日時
初めまして、オヤジと申します。
>真鍮製のカラー
Advanced VX赤道儀とCGEM赤道儀が有るのですが、CGEMはこの真鍮製の物で、それなりに確り固定できてます。
Advanced VX赤道儀も、真鍮製に交換したいと思ってましたが、真鍮製の棒を買ってきて、やすりを掛けて手作り、、、(汗)、冬になったらやってみようと思ってました。
これは、どちらかで購入できる物なんでしょうか。
オヤジ
2016/07/03 16:00
オヤジさん、
初めまして、CGEMも持っておられるんですね!
買うときにどちらにするか悩みましたが、腰にやさしいと自分に言い聞かせてVXを選びました。(汗)

購入先はミスミで、「金属ワッシャ −並級/精密級 寸法フリー指定タイプ−」で直径9.5mm、厚み5mmで指定しました。
直径は樹脂のを採寸して決めましたが10mmの方が隙間が少なく良いかもしれません。(斜めに噛んだら大変なのでトレードオフですが)

[商品型番]:FWSBB-D9.5-V0-T5 になり、単価:280 円でした。この値段なら削るより良いと思います。平面性が保てないと回転したり、傷がつきやすくなると思うので。

因みに2個余っているのでお譲りすることも可能なので、その売アは連絡いただけたらと思います。
miner
2016/07/03 16:17
2個は、紛失など色々あるでしょうから。予備で保存してください。(笑)
ありがとうございます。注文するだけですね。
280円、大した工具もなく汗かきモードになりますので、助かりました。ありがとうございます。
オヤジ
2016/07/03 19:09
オヤジさん、
アルミ側の組成が不明なので、絶対とは言えませんが似たような組み合わせの赤道儀はあるので行けるかなあと。
まあこれに関しては作るより、買ったほうが吉です!
miner
2016/07/04 20:28
ボール盤を買うと何かと便利ですよ。
M2では折れる可能性もありますがM4で折れたことはないですし、タップも垂直に刺すことができます。まぁもう一回あればですがw
http://mobazou.blogspot.jp/2016/02/t2.html
mobazou
2016/07/17 07:10
mobazouさん、
そうですよね、ボール盤くらいは...と思いつつなかなか買えずにいます。
それよりフライスが欲しい! とかもありますが、旋盤と併せて欲しいです。
まあ場所を食うので必要なときは外注でいいのですが、試作を繰り返す時には本当に欲しくなります。
miner
2016/07/17 10:06
やっぱり天文機材だと旋盤ですよね〜w
ちなみに旋盤買うと小物であれば、ボール盤やフライス盤の代わりになるんですよ。もっとも、フライスの代わりにするにはミーリングチャックやミーリングアタッチメント、ボール盤にするには、MT-2ドリルチャックと主軸取り付け用にMT-2-MT-3変換アダプタが必要です。センターに開けるには四つ爪チャックもあるといいですね。複雑な部品に大きな穴を開けるには面盤もあるといいです(自分がほすい・・・)
mobazou
2016/07/17 11:34
リンク貼り損ねました・・
http://www.senban.jp/product/PSL350VDD.html
https://www.monotaro.com/p/0675/4413/
mobazou
2016/07/17 11:44
mobazouさん、
旋盤、良いですね!

ただ稼働率を考えると置き場所のこともあるのですが、なかなか難しいですね。
レンタルがあればいいのですが、この辺りは職人さんだと素人に機械を使わせるのにかなり抵抗があるみたいですね。
まずはボール盤からですね!
miner
2016/07/17 14:05

コメントする help

ニックネーム
本 文
棒茄子ポチ、第弐弾  反赤を使いこなせ!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる